カテゴリ:Sport( 151 )
by INZM |
世界の美女サポーター ベスト8

















【W杯】美女サポーター8強が出揃う!
[PR]
by INZM | by inazumahiruzuzoku | 2010-06-30 11:58 | Sport
南アフリカの父へ
f0011179_11301942.jpg

"仕事でがんばるすべてのお父さんへ" 岡田監督の娘がお父さんに宛てた手紙。
[PR]
by INZM | by inazumahiruzuzoku | 2010-06-29 11:31 | Sport
Halfway in - 2010 World Cup























Halfway in - 2010 World Cup - The Big Picture
[PR]
by INZM | by inazumahiruzuzoku | 2010-06-29 02:10 | Sport
Kaká


リカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチ - Wikipedia
ブラジリア出身のサッカー選手。卓越したテクニック、強靭なフィジカル、高い身体能力と戦術的柔軟性を併せ持つ近代型のチャンスメーカー。得意とするエリアは中盤と前線をつなぐトップ下の位置から左サイドにかけてである。特徴的なプレーとしてドリブルと中央でのボールキープからの突破がある。
2006 FIFAワールドカップではロナウジーニョ、ロナウド、アドリアーノとともにカルテット・マジコ(「魔法の4人」)を形成し世界中で話題となった。しかしチームは機能せず、個々の選手がバラバラに活躍するのみで圧倒的な優勝候補といわれた前評判を見せられぬまま、準々決勝でフランスに敗れベスト8で敗退した。FIFAクラブワールドカップ2007では1得点3アシストの大活躍を見せ、大会MVPに輝くと共に、欧州勢として初となるクラブW杯優勝、ミランとして1990年トヨタカップ以来4度目となる世界一に導いた。これらの活躍を評価され、2007年はバロンドール、FIFA年間最優秀選手賞、FIFPro年間最優秀選手賞、英誌ワールドサッカー選出世界年間最優秀選手賞(いずれも初受賞)と4つの栄誉を手にすることになった。2009年、フロレンティーノ・ペレスが会長に復帰したレアル・マドリードの最初の新加入選手として移籍金6800万ユーロ(約100億円)の7年契約で移籍。

ブラジル代表選手

[PR]
by INZM | by inazumahiruzuzoku | 2010-06-28 10:43 | Sport
Fedor Emelianenko


エメリヤーエンコ・ヒョードル - Wikipedia
ロシアの総合格闘家、サンボ選手、元柔道家。現PRIDEヘビー級王者、現WAMMA世界ヘビー級王者。柔道の国際大会で活躍したのち総合格闘技に転向、2000年にリングスの大会で日本に渡り、ヘビー級と無差別級の王座に就く。2002年のリングス休止以降はPRIDEに出場し、2003年にアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラを下しヘビー級王座を獲得した。2004年にはヘビー級グランプリに優勝、2005年にはミルコ・クロコップを下し王座を防衛した。2007年のPRIDE消滅後も日本国外の大会を渡り歩き、2008年にはAfflictionで元UFCヘビー級王者ティム・シルビアを破りWAMMA世界ヘビー級王者となっている。その後も、2009年にはアンドレイ・アルロフスキーに勝ち、WAMMA王座の防衛に成功。現在はStrikeforceと契約を交わしている。日本だけでなくアメリカなどのメディアからも「総合格闘技界全体で最強」と評価されており、多くのランキングにおいてヘビー級(93kg-120kg)世界1位にランクインしている。2010年6月26日の「Strikeforce: Fedor vs. Werdum」ファブリシオ・ヴェウドゥムと対戦し、1R 1:09下からのアームバーで一本負け。

[PR]
by INZM | by inazumahiruzuzoku | 2010-06-27 18:46 | Sport
Lionel Andrés Messi


リオネル・メッシ - Wikipedia
アルゼンチン共和国サンタフェ州ロサリオ出身、リーガ・エスパニョーラのFCバルセロナに所属するアルゼンチン代表のサッカー選手。2008年夏に開催された北京オリンピックの代表招集に際して、所属クラブであるFCバルセロナが当初は招集を拒否するという事態が起こり話題になったが、大会直前になって招集を認可した。結果的にこれがアルゼンチンの金メダル獲得の最大の要因の一つになった。2009年12月1日には2位のクリスティアーノ・ロナウドに大差をつけ、アルゼンチン出身の選手としては3人目(4度目)となるバロンドールに選出された。12月21日にはアルゼンチン人としては初となるFIFA年間最優秀選手に選出された。メッシは同賞において2007年、2008年と2年連続で次点となっていたため、3度目の正直での受賞となった。ディエゴ・マラドーナ2世と呼ぶ声も多く、マラドーナ本人からもそれを認められている。ゴールに向かって走るそのスピードはディエゴ・マラドーナをして、「6速目のギア」と言わしめた。

アルゼンチン代表選手

[PR]
by INZM | by inazumahiruzuzoku | 2010-06-27 09:39 | Sport
2010 FIFA ワールドカップ - 決勝トーナメント


日程・結果 - 2010 FIFA ワールドカップ
[PR]
by INZM | by inazumahiruzuzoku | 2010-06-26 17:46 | Sport
Raymond Domenech

レイモン・ドメネク - Wikipedia
ドイツW杯後には一部のメディアやサポーターからは解任の声も聴かれたが、フランスサッカー協会は契約を更新し、2010年まで引き続き指揮を執ることで合意。EURO2008予選でも、代表引退を表明していたマケレレの招集や、怪我をしている選手を強行で起用するやり方に、チェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督(当時)やアーセナルのアーセン・ベンゲル監督などから非難を浴びるなど、クラブとの関係は悪化した。苦戦しつつもEURO2008本大会への出場を決めたものの、好調だったダビド・トレゼゲ、フィリップ・メクセスを招集せず確執を起こし、A'代表という代表予備チームを作って大量に選手を招集するなど、選考を巡って多くの話題を振りまいた。そして本大会では、オランダに1-4、イタリアに0-2で大敗し、1分2敗のグループリーグ最下位という散々な成績に終わった。特にイタリア戦では、本来は左サイドバックであるエリック・アビダルを無理やりにセンターバックに起用。不慣れなアビダルは、前半半ばであっさり退場処分にあってしまった。直前のシーズンで絶好調であった本職CBのメクセスを招集しなかったこと、怪我で出場が疑問視されていたパトリック・ヴィエラをメンバー入りさせ、結局一度も出場できずに登録枠を無駄にしたこと、他に呼んでいた本職CBを使わずアビダルを急にコンバートしたことなど、DFの選手選考は特に槍玉に挙げられた。攻撃陣も代表経験の殆ど無かったバフェタンビ・ゴミを招集し、好調だったトレゼゲを外したり、リベリーが抜けたら策が何もないことを大いに露呈し、その攻撃のオプションの少なさも非難された。EUROの惨敗により辞任、もしくは解任が確実視されていたが、フランスサッカー協会は契約どおりに2010年までドメネクに監督を任せることを決定。この決定直後、トレゼゲがドメネクとの確執を理由に代表引退を正式表明し、程なくセバスティアン・フレイも代表引退を表明した。ドメネクが解任された場合は代表復帰するという声明も発表している。また、ジュリやメクセスも「ドメネクがいる限り代表に呼ばれることはないだろう」という旨の発言をしており、少なくとも名将でないことは確かである。

フランス代表監督

[PR]
by INZM | by inazumahiruzuzoku | 2010-06-22 18:08 | Sport
Dunga

ドゥンガ - Wikipedia
カルロス・アルベルト・パレイラの後任として2006年7月にブラジル代表監督に就任、監督およびコーチ経験の無いままセレソンを率いることになった。監督就任以降はフレッジ、ロビーニョ、シシーニョなどの若手選手を積極的に起用している。その一方でベテランのカフー、エメルソン、ゼ・ロベルト、ロナウドなどは招集されていない。パレイラが重用していたアドリアーノ、カカ、ロナウジーニョからなる通称「カルテット・マジコ」にたいしては「前線にアタッカーを4人並べる危険なことはしない」と否定的である。守備重視の戦術を採用しておりブラジルのメディアからはつまらないサッカーだと批判されていた。南アフリカW杯の南米予選においては前半戦で3試合連続無得点を記録し一時は5位にまで後退したため、スタジアムのファンからブーイングを浴びメディアからも厳しく批判されたがその後は持ち直し、9月に行われたアウェーのアルゼンチンに3-1で勝利し第1回大会から19回連続となるW杯出場を決めた。
監督暦のないままブラジル代表監督に就任したことに加え、ワールドカップ南米予選において他を圧倒する成績を収めていないため、2009年のコンフェデレーションカップで優勝するまでブラジルのサッカーメディアおよびサポーターの多くから解任を求める声が度々あがっていた。 日本代表に対する発言も時折行っており、2006 FIFAワールドカップにおける敗因について日本語で「お水ください」とからかうように発言し、闘争心の欠如と運動量不足を暗に挙げた。

ブラジル代表監督

[PR]
by INZM | by inazumahiruzuzoku | 2010-06-20 12:16 | Sport
Fabio Capello

ファビオ・カペッロ - Wikipedia
守備的な布陣を敷き、堅実な戦術で戦いきる采配が特徴。記録に見る連敗と失点の少なさ、本拠地での圧倒的な強さと敵地でのしたたかな戦い方も特徴。いわゆるカテナチオの精神を汲む監督であり、現代のその代表格である。就任した先々でタイトルを獲得することから「優勝請負人」の異名をもつ。純粋な競争の激化による選手の質の向上を謳っており、年齢や実績の差を基準とするヒエラルキーを自身のチーム内に置かないことで知られる。いわく「私のチームで先発を勝ち取る条件とは唯一つ、それは好敵手を圧倒するモチベーション、それ以外にない」と語っている。スタメンレベルの選手を複数確保しシーズンを通して使い分けるという、現在では強豪クラブの常識となったターンオーバー制を初めに確立した人物とされる。監督の指示に従えない者は容赦しないとして、試合途中に投入した選手をわずか5分で下げたことが何度かある。 チームに絶対欲しい選手のタイプは?との質問に対して、「自らを常に犠牲に出来る者、試合は勿論、普段の練習から全力を尽くす者。何よりもタフな精神力を持つ者。真っ先に浮かぶのはエメルソン・フェレイラ」と答えている。語録に「モダンフットボールにファンタジスタの居場所はない」「私の指示に従わない者は、2度とフィールドの芝を見ることはない。それだけのことだ」

イングランド代表監督

[PR]
by INZM | by inazumahiruzuzoku | 2010-06-18 22:46 | Sport