カテゴリ:Sport( 151 )
by INZM |
桐光学園 松井裕樹 全22奪三振PV


松井裕樹 - Wikipedia
松井 裕樹(まつい ゆうき、1995年10月30日 - )は、日本の高校野球選手(投手)。神奈川県横浜市出身。名前の裕樹は、「松」の「樹」に豊か(「裕」)に葉っぱがつくようにという由来による。小学校2年生から野球を始め、6年生の時には横浜ベイスターズジュニアで12球団ジュニアトーナメントに出場した。中学時代は「青葉緑東シニア」に所属し、3年時に全国大会で優勝を果たした。小さい頃は巨人ファンで、好きな選手は高橋由伸だった。山内中学校より桐光学園高校へ進学し、1年生の秋からエースを務める。2012年の高校野球神奈川大会では桐蔭学園から15三振を奪い、5年ぶりにチームは甲子園出場を決めた。腕の振りの良さ、縦横のスライダーとカーブのキレの良さとストレートのノビが高く評価されており、投球に日米15球団のスカウトが注目した。2012年の夏の甲子園の1回戦・今治西高校戦では10連続を含む22奪三振を記録し、9回までの大会記録の19奪三振を87年ぶりに更新した。ウイニングボールは、記録達成翌日の8月10日から甲子園歴史館に展示されることとなった。2回戦の常総学院戦でも19奪三振をあげて2試合で41奪三振、これまで板東英二が持っていた2試合での合計40を更新した。2試合連続の毎回奪三振は、2000年の夏の甲子園で坂元弥太郎が達成して以来、史上5度目のことであった。3回戦の浦添商業高校戦では相手は打席で投手よりに立ち、ノーステップでソフトボール打法を取り入れてきたことから、3回二死まで1つも三振が取れなかったが、8回、9回を6人連続三振に取るなど、12奪三振をあげて、3試合連続で二桁奪三振、53奪三振とした。準々決勝は2季連続で甲子園準優勝で今度こそ東北勢初の甲子園優勝を目指していた光星学院戦でも15奪三振と、4試合連続二桁奪三振を奪ったが、0-0のまま迎えた8回に田村龍弘、北條史也に打たれ3失点し、試合は0-3で敗れた。4試合での68奪三振は歴代3位の記録であり、80年前の1932年に楠本保が作った64奪三振を更新するもので、1大会での左腕投手の史上最多記録にもなった。この大会での通算成績は、防御率2.25、奪三振率17.00だった。しかし、3年の春のセンバツ・夏の甲子園はいずれも予選で敗退、出場できなかった。




[PR]
by INZM | by inazumahiruzuzoku | 2013-07-29 00:00 | Sport
有名人・芸能人による始球式


















































始球式 - Wikipedia
始球式(しきゅうしき)とは、スポーツ(主に球技)における試合開始前のセレモニーである。投手役を主催者や来賓など現役選手以外の人物が務めることが多い。野球における始球式では、試合開始前に来賓が投手役として1球(稀に数球)投球を行う。アメリカでは、試合開始前に投手役の人がマウンドまたはマウンド前方から捕手役に向けて1球投球する。基本的に打席に打者は立たない。日本では、投手役の人がマウンドから打者に対して1球(稀に数球)投球する。記録に残っている最古の始球式は1908年11月22日にアメリカの大リーグ選抜チームと早稲田大学野球部の試合における大隈重信の始球式とされる。大隈重信の投球はストライクゾーンから大きく逸れてしまったが、早稲田大学の創設者、総長、政治家である大先生の投球をボール球にしてはいけないと考えた早稲田大学の1番打者がわざと空振りをしてストライクにした。これ以降、打者は投手役に敬意を表すため、投球がボール球でも絶好球でも空振りをすることが慣例となった。これらの日本式の始球式はその後アジアの国々だけでなく、アメリカでもこの方式で実施するケースが出てきている。始球式の投球を空振りしなくても特に罰則規定はない(※ただし投手役はスポーツ選手でない場合も多く、ピッチャー返しを打つと危険であるため、わざと空振りするのは投手役の負傷を防ぐ目的もあるともいわれている)。近年の日本プロ野球では中継テレビ局で放送しているバラエティ番組やドラマの出演者をはじめ、芸能人が番組宣伝の一環として行うケースが増えている。




[PR]
by INZM | by inazumahiruzuzoku | 2013-07-08 00:00 | Sport
ドーハの悲劇


ドーハの悲劇 - Wikipedia
ドーハの悲劇(ドーハのひげき)は、1993年10月28日、カタールのドーハのアルアリ・スタジアムで行われた日本代表とイラク代表のサッカーの国際試合(1994年アメリカワールドカップ・アジア地区最終予選の日本代表最終戦)において、試合終了間際のロスタイムにイラク代表の同点ゴールが入り、日本のFIFAワールドカップ初出場が確定するまでわずかな時間を残すだけの状況から一転して予選敗退が決まった事を指す日本での通称である。日本ではNHK BS1、および地上波ではテレビ東京がテレビ中継を、ニッポン放送がラジオ中継を行った。テレビ東京での当該視聴率は日本時間の深夜帯にもかかわらず、同局史上最高の48.1%を記録した。




[PR]
by INZM | by inazumahiruzuzoku | 2013-06-04 00:00 | Sport
Penny Skateboards


www.pennyskateboards.com



[PR]
by INZM | by inazumahiruzuzoku | 2013-05-26 00:00 | Sport
五十嵐カノア


Kanoa Igarashi | 14 Years-Old Pro Surfer




2012年11月 記事別アクセスランキング
 1位 UNCOMMON × fragment design | iPhone 5 Case
 2位 A BATHING APE | Tartan Check Trousers
 3位 TDL
 4位 mastermind JAPAN | Tokyo Runway Special T-Shirt
 5位 GOODENOUGH | RAINY COACH JK
 6位 Today's Shot - The Big Picture
 6位 Today's Shot - The Big Picture
 8位 mastermind JAPAN × Dickies
 9位 Starbucks × fragment design | Original Mug
 9位 Today's Bag - The Big Picture



[PR]
by INZM | by inazumahiruzuzoku | 2012-12-04 00:00 | Sport
MIRACLE BODY | 内村航平


内村航平 - Wikipedia
内村 航平(うちむら こうへい、1989年1月3日 - )は、日本の体操競技選手。1989年(昭和64年)1月3日、福岡県北九州市に生まれる。誕生時には元号がまだ"昭和"だったが、誕生4日後に"平成"に改元したことにあやかり、「平成の時代を真直ぐ渡れるように」という願いを込めて、"航平"と命名された。父・和久は日体大体操競技部出身で柳川高等学校時代に高校総体の種目別で優勝しており、母・周子も元体操選手、妹の春日(はるひ)も体操選手(日体大)という体操一家である。2008年(平成20年)、初めてのオリンピック代表選考である二次予選では、二日間ともに冨田洋之を抑えてトップに立ち予選通過。最終予選のNHK杯体操選手権では優勝こそ冨田に譲ったが2位に入り、北京オリンピックの出場権を獲得した。オリンピック本大会では、団体戦メンバーとして19歳で最年少ながら安定した堂々とした演技を披露、男子体操団体で日本の銀メダル獲得に貢献すると、その2日後の男子体操個人総合決勝では、苦手とするあん馬で2度の落下がありながらも他種目で23人を抜き、最終的には2位となって銀メダルを獲得した。尚、個人総合では北京五輪代表監督である具志堅幸司以来24年ぶりのメダル獲得であると同時に、日本体操界では10代での個人総合のメダル獲得は史上初であった。2009年世界体操競技選手権(ロンドン)では、ついに個人総合優勝を達成。2010年(平成22年)、世界選手権(ロッテルダム)でも圧勝し、日本人初となる個人総合2連覇を達成した。社会人となってから初めての国際大会でもあった2011年世界体操競技選手権(東京)では個人総合で国際大会自己ベストの93.631点をマークし、2位のP・ボイに3点以上の大差をつける圧勝で、体操史上初となる個人総合3連覇を達成した。得意種目は床運動。かつては極端な偏食家だった。野菜嫌いで、食事はほぼ米と肉のみ、好物はバナナとチョコレート。特にひいきだったのは有楽製菓の『ブラックサンダー』で、北京オリンピックには40個持ち込み、「勝負食」として競技前に食べていたほどであった。これが話題となり、『ブラックサンダー』はオリンピック前年は40億円だった総売上が、翌年は61億円にまで伸びた。しかし、コナミスポーツ&ライフへの入社後、同社の指導により食生活の改善に取り組み始めた。野菜を食べるようになり、チョコレートも断っている。




[PR]
by INZM | by inazumahiruzuzoku | 2012-08-01 00:00 | Sport
ウェイクボード神動画




[PR]
by INZM | by inazumahiruzuzoku | 2012-05-31 02:55 | Sport
プロレス界のレジェンド、リック・フレアーの倒れ方がまるでお笑いコント


リック・フレアー - Wikipedia
リック・フレアー(Ric Flair、1949年2月25日 - )は、アメリカ合衆国のプロレスラー。テネシー州メンフィス出身。本名はリチャード・モーガン・フレイアー(Richard Morgan Fliehr)。ニックネームはネイチャー・ボーイ(Nature Boy)、略して「ネイチ」と愛称で呼ばれることもある。その試合巧者ぶりから「業界一卑劣な男(Dirtiest Player in the Game)」の異名を取った。日本でのニックネームは「狂乱の貴公子」。タイプ的には対極のハルク・ホーガンと双璧をなすアメリカン・プロレスの象徴。幾度となくNWA、WCW、WWEの世界ヘビー級王座のベルトを巻き、16回の世界王者(16-time World Champion)とも呼ばれる。歴代のNWA王者がそうであったように、正攻法で攻めるよりもずるがしこい戦法を得意とした。これは元々NWA王者が巡業の行く先々で地元の英雄を相手にする必要があったところから生じたものであり、対戦相手を引き立てつつ、数々のムーブ(試合中の動作)で観客を沸かせる術に長け、「箒相手でもプロレスができる」と形容された。跪いて相手に攻撃を躊躇させるムーブやフラフラ歩き前方に倒れるムーブは大きな見せ場となっている。そのスタイルは数々のレスラーに賞賛され、また武藤敬司は「自身のプロレスのベース」と語っている。なお、彼の地髪は元々赤っぽいブラウンで、ブロンドヘアーは貴公子ムードを出すのとラフファイトの際に流血が映えるよう、自ら染めたものである。日本および日本人レスラーとの関わりも深い。NWA王者として全日本プロレスにも再三来日し、ジャンボ鶴田、天龍源一郎、長州力、谷津嘉章、輪島大士、テリー・ファンク、ハーリー・レイス、ザ・グレート・カブキらを挑戦者に迎え、防衛戦を行っている。




[PR]
by INZM | by inazumahiruzuzoku | 2012-02-13 18:33 | Sport
FIFA Women's World Cup 2011 Nadeshiko Japan " Yamato Nadeshiko "


sonarediter さんのチャンネル‬‏ - YouTube



[PR]
by INZM | by inazumahiruzuzoku | 2011-07-20 02:46 | Sport
Women's World Cup - The Big Picture


























Women's World Cup - The Big Picture - Boston.com



[PR]
by INZM | by inazumahiruzuzoku | 2011-07-19 19:21 | Sport