余命1ヶ月の花嫁 ~乳がんと闘った24歳 最後のメッセージ~
24歳の若さで乳がんと闘っていた長島千恵さん。去年4月、取材班が彼女に初めて会った時、がんはすでに末期の状態でした。家族に告げられた余命は「1ケ月」。千恵さんの父・恋人・友人達は、残された短い時間の中で彼女に最高の思い出を作ってあげようと「ある計画」をたてます。千恵さんが願っていた「ウエディングドレスを着たい」という夢を叶えるために。
「若年性乳がんについてもっと知って欲しい。若い人には自分と同じ思いを味わって欲しくない」。その思いで取材を希望した千恵さんの「最後の1ヶ月」を追ったドキュメンタリー。命とは何か、愛とは何か、感謝することとは何か、生きることとは何か。千恵さんのメッセージは様々なことを考えさせてくれるはずです。






#2


#3


#4


#5


#6


#7


#8


#9


#10


#11
[PR]
by 稲妻 | by inazumahiruzuzoku | 2008-05-08 00:00 | Cinema/DVD/TV
<< Flogo TDR EDITION >>