【山の日】戦後最悪の噴火災害 御嶽山噴火の知らなかったコト


2014年の御嶽山噴火 - Wikipedia
2014年の御嶽山噴火は、2014年(平成26年)9月27日11時52分(日本時間)に発生した、長野県と岐阜県の県境に位置する御嶽山(標高3,067m)の噴火である。噴火警戒レベル1(平常)の段階で噴火したため、登山者ら58名が死亡した、日本における戦後最悪の火山災害である。噴火の約2週間前から火山性地震が増加していたが、発生していた地震のタイプは2007年と異なり火山性微動は観測されていなかった。噴火自体は他山の例と比較した場合小規模で、1979年にほぼ同じ場所で発生した同規模の爆発では一人の死傷者も出さなかったにも関わらず、今回は日本国内では1991年の雲仙普賢岳以来、死者数は戦後最悪となる多数の人的被害を出し、登山客が巻き込まれたものとしては明治以来最悪となった。







[PR]
by INZM | by inazumahiruzuzoku | 2017-08-11 00:00 | Other
<< Today's Girl Today's Sho... >>