スカパー×PRIDE
 スカイパーフェクTV!(スカパー)が、PRIDEとハッスルの放送継続を決定した。同社の広報IR部が13日「現時点での放送予定の変更はありません」と正式に表明した。両興行を主催するDSEに対し、フジテレビが5日に契約解除を通告。地上波でのテレビ放送がなくなり、態度を保留していたスカパーの動向が注目されていた。
 役員らによる連日の協議の結果、この日方針を決めた。スカパーは「現時点で放送予定の変更はありませんが、万一何らかの問題点を新たに確認した場合は放送中止を含め、新たな措置を取る予定です」とコメント。今後、週刊誌で取り上げられた暴力団との関連が発覚した場合などは、再び放送を検討するという。
 スカパーは両興行を第1回大会からPPV(ペイ・パー・ビュー)で放送してきた。DSEにとっては年間総収入の10~15%を占めていたフジテレビからの放送権料を失った現在、同様の割合で収入を得ていたスカパーとまで決別するわけにはいかない状況だった。それでもスカパーは「当社として現在、継続的に事実関係を調査しているとともに、事態の推移を見守っています」と一時的な措置だとも強調する。フジテレビのアナウンサーによるPRIDEの実況もない。事態はまだ、完全に収束したわけではない。
[PR]
by 稲妻 | by inazumahiruzuzoku | 2006-06-16 00:53 | News
<< fragment design... i >>