【恐怖】生存者が語る「1994 名古屋空港中華航空機墜落事故」


中華航空140便墜落事故 -Wikipedia
中華航空140便墜落事故は、1994年(平成6年)4月26日に名古屋空港(現・名古屋飛行場・通称小牧空港)で着陸進入中に旅客機が墜落した航空事故である。事故は、乗員による自動操縦装置の誤操作と、自動操縦装置の異常な動作により発生したものであった。この事故で乗客256名、乗員15名の合わせて271名のうち日本人154名を含む乗客249名と乗員15名の合わせて264名が犠牲になり、乗客7名が重傷を負った。犠牲者数は1985年(昭和60年)の日本航空123便墜落事故に次ぐ、日本史上ワースト2位であり、国内の空港で起きた事故の犠牲者数では日本史上最悪である。




[PR]
by 稲妻 | by inazumahiruzuzoku | 2016-04-26 00:00 | Other
<< 【4月28日発売】書籍『一日一... Today's Song >>