【震度7】阪神・淡路大震災の記憶


阪神・淡路大震災 - Wikipedia
阪神・淡路大震災とは、1995年(平成7年)1月17日(火)に発生した兵庫県南部地震による大規模地震災害。戦後に発生した地震では、1946年(昭和21年)の南海地震や1948年(昭和23年)の福井地震を大きく上回り、当時の地震災害としては戦後最大規模の被害を出した。被害の特徴としては、都市の直下で起こった地震による災害であるということが挙げられる。日本での都市型震災としては、大都市を直撃した1944年(昭和19年)の昭和東南海地震以来となる。死者 : 6,434名、行方不明者 : 3名、負傷者 : 43,792名。関東大震災では、木造住宅が密集する地域での火災が被害を大きくしたため、主に焼死により日本の災害で最悪となる約10万人の死者を出し、東日本大震災では津波による水死を主に1万5千人を超える戦後最悪の死者を出したが、当震災では断層沿いに被害が集中して被災地域が狭かったものの、冬季の早朝に発生したため自宅で就寝中の者が多かったため、圧死を主に6千人を超える死者を出した。




[PR]
by 稲妻 | by inazumahiruzuzoku | 2016-01-17 00:00 | Other
<< 【絶賛放送中】アニメ「僕だけが... バルス >>