【国内感染】デング熱の予防対策


デング熱 - Wikipedia
デング熱(デングねつ、まれにデンゲ熱とも)は、デングウイルス(Dengue virus)が原因の感染症であり、熱帯病の一つである。予防ワクチンは無い。一過性の熱性疾患であり、症状には、発熱、頭痛、筋肉痛、関節痛、はしかの症状に似た特徴的な皮膚発疹を含む。治療方法は対症療法が主体で、急性デング熱にはいま起きている症状を軽減するための支持療法が用いられ、軽度または中等度であれば、経口もしくは点滴による水分補給、より重度の場合は、点滴静脈注射や輸血といった治療が用いられる。稀ではあるが、生命を脅かすデング出血熱に発展し、出血、血小板の減少、または血漿漏出を引き起こしたり、デングショック症候群に発展して出血性ショックを引き起こすこともある。主な媒介生物はヤブカ属の中でも特にネッタイシマカやヒトスジシマカなどの蚊によって媒介される。ただし、ヒトスジシマカにとってヒトは主な吸血対象ではなく、デング熱の媒介はまれである。このウイルスには4つの異なる型があり、ある型に感染すると、通常その型に対する終生免疫を獲得するが、他の型に対する免疫は短期間にとどまる。また、異なる型に続けて感染すると、重度の合併症のリスクが高まる。現在では、110か国以上で毎年およそ5,000万人から1億人が感染する風土病となっている。





[PR]
by 稲妻 | by inazumahiruzuzoku | 2014-09-07 00:00 | Other
<< 【ピンチはチャンス】2014年... 【神職人V】乃木坂46結成3周... >>