Today's Shot - The Big Picture
10. | IC Card Sticker


10. | IC Card Sticker






タイガーマスク運動 - Wikipedia
タイガーマスク運動(タイガーマスクうんどう)とは、2010年12月25日の一児童相談所における事例以降、日本各地で確認されている連鎖的な寄付行為の通称である。タイガーマスク現象ともいう。一連の寄付行為は、その多くが「伊達直人」など架空の名義による匿名のもので、寄付先はおもに児童福祉関連施設となっている。2010年12月25日、「伊達直人」を名乗る30代のサラリーマンの男性から、群馬県中央児童相談所へランドセル10個が送られたことを皮切りに、全国各地の児童養護施設へ複数存在すると思われる「伊達直人」からの寄付行為が相次いだ。これらの寄付行為は、寄付者の名義である「伊達直人」が、漫画「タイガーマスク」の主人公で、自らが育った孤児院へ素性を隠して寄付をする人物と同名であることから、「タイガーマスク運動」と呼ばれるようになった。またこの寄付行為を全国で相次いでいる現象と見て「タイガーマスク現象」と呼ぶこともある。寄贈された物品は、ランドセルの他にはプラモデル、玩具、筆記用具、現金、商品券、食品、紙おむつ、金塊などがあり、寄付を受け取った施設の職員達は口々に感謝を述べている。一方で、匿名の人物による行動であるため、困惑を招いた事例も存在する。神奈川県相模原市の市立あじさい会館の管理室ドアノブに、手作りとみられるチャーシュー4本入りの保冷バッグが置かれ、「子供たちにおいしいチャーシューを食べさせてあげてください。伊達直人を尊敬するラーメン界の勇者より」と書かれた手紙が入っていた。しかし同市では「製造日時などがわからず食品としての安全性が確認できない」とし、チャーシューを冷蔵保存していたが、贈り主がラーメン店店主と判明したため、市職員が事情を説明してチャーシューを返還した。店主は「子供たちにごちそうできるよう、次からは事前に相談します」と答えたという。




[PR]
by INZM | by inazumahiruzuzoku | 2014-08-27 00:00 | Other
<< Today's Sho... Yukata Nadeshik... >>