A BATHING APE® 20th Anniversary History Movie


A BATHING APE® - Wikipedia
A BATHING APE®(ア・ベイシング・エイプ)は、NIGO®が1993年に立ち上げたアパレルブランド。株式会社ノーウェアが展開する。1990年代中頃から人気が出、服飾を中心としながらも同ブランド名義の事業展開は音楽や飲食まで多岐に渡っている。正式名称は「A BATHING APE IN LUKEWARM WATER」で、「ぬるま湯に浸かった猿」の意。デザイナーのNIGO®が映画『猿の惑星』に触発されたことがそもそもの始まりだが、名前自体は設立当初より関わっているSKATE THINGが考えた。A BATHING APE®の略語であるBAPE(ベイプ)は、呼称や服のデザインに用いられることがある。ブランドのトレードマークはAPE、即ち猿である。猿の顔を迷彩柄(カモフラージュ)に組み入れたエイプカモが特徴的。また、猿をアニメ調にデフォルメしたmilo(マイロ)というキャラクターがある。1990年「POPEYE」や「ホットドッグ・プレス」などでスタイリスト、ライターとしての活動を開始したNIGO®は、同じ文化服装学院出身の高橋盾(「UNDERCOVER」デザイナー)とともに、「ノーウェア(NOWHERE)」を開店する。当初は雑誌の連載に関連して買い付けた商品を取り扱っていたものの、同じようなセレクトショップの形態をとる店が周辺に出現し始めた。これを機に差別化を図るべく、Tシャツのプリントデザインを中心とする服飾の製作を始めることとなり、1993年4月に同ブランドを開始。ブランド「A BATHING APE®」に対する現在のパブリックイメージは、この時点からスタートしたといえる。NIGO®は、ファッションだけでなく軽音楽にも通じる点から日本内外を問わずミュージシャンたちとの交流も厚く、コーネリアス(小山田圭吾)やスチャダラパー等のツアーTシャツをA BATHING APE®名義で手がけることもあった。若者に支持されているミュージシャンが彼のデザインした服を着用して多くのメディアに登場したことは、ファッションに精通する一部の者しか知らなかったこのブランドが有名になった要因のひとつである。こうしてNIGO®のデザインは人気を得ることとなり、いわゆる「裏原宿系」と呼ばれるブランド群の代表的存在として現在に至る。同ブランドは需要に対し供給が少なく、人気が過熱していた際には新作商品の入手が極めて困難だった。模倣品が多く存在する。現在同ブランドは「BAPE STORE」を直営店とし、販売を展開している。2011年1月31日、NIGO®は株式会社ノーウェアを香港企業のI.Tへ売却した。I.Tが香港証券取引所に提出した資料によると、ノーウェアは過去2年赤字決算で、負債は10億を超えていた。




[PR]
by 稲妻 | by inazumahiruzuzoku | 2013-11-16 00:00 | Fashion
<< 【神動画】ケン・ブロックの超絶... Beach Cruiser >>