8Kテレビ


スーパーハイビジョン - Wikipedia
スーパーハイビジョン(英称: 8K Ultra High Definition Television, 8K Ultra HDTV, 8K UHDTV, 8K UHD)はNHK放送技術研究所が中心となって研究開発を行っているデジタルビデオフォーマットである。 水平7,680×垂直4,320の画素数、1秒あたりのフレーム数60枚などに加えて、大画面・超高精細度テレビで課題であった速く動く被写体の「動きぼやけ」を低減するための規格として、1秒あたりのフレーム数120枚を追加、実物に近い色再現が可能となる色域の拡張を行っている。2Dでも自然な立体感を得られる。運動視差も働いているため、カメラがパンした際に手前の物体は動きが速く、奥の物体は動きが遅い、手前の物体ははっきり見えて、奥の物体は適度にぼける、そうした違いが高精細な画面で再現されていることが立体感につながったと考えられている。展示会では「3Dはいらない」という感想も多い。




[PR]
by INZM | by inazumahiruzuzoku | 2013-09-03 00:00 | Other
<< 桃屋 × Peeping Life 【神トリビュートMV】 Mic... >>