ドーハの悲劇


ドーハの悲劇 - Wikipedia
ドーハの悲劇(ドーハのひげき)は、1993年10月28日、カタールのドーハのアルアリ・スタジアムで行われた日本代表とイラク代表のサッカーの国際試合(1994年アメリカワールドカップ・アジア地区最終予選の日本代表最終戦)において、試合終了間際のロスタイムにイラク代表の同点ゴールが入り、日本のFIFAワールドカップ初出場が確定するまでわずかな時間を残すだけの状況から一転して予選敗退が決まった事を指す日本での通称である。日本ではNHK BS1、および地上波ではテレビ東京がテレビ中継を、ニッポン放送がラジオ中継を行った。テレビ東京での当該視聴率は日本時間の深夜帯にもかかわらず、同局史上最高の48.1%を記録した。




[PR]
by INZM | by inazumahiruzuzoku | 2013-06-04 00:00 | Sport
<< 原宿ゴローズ大全vol.2 BE@RBRICK 超合金 m... >>