有名人・芸能人による始球式


















































始球式 - Wikipedia
始球式(しきゅうしき)とは、スポーツ(主に球技)における試合開始前のセレモニーである。投手役を主催者や来賓など現役選手以外の人物が務めることが多い。野球における始球式では、試合開始前に来賓が投手役として1球(稀に数球)投球を行う。アメリカでは、試合開始前に投手役の人がマウンドまたはマウンド前方から捕手役に向けて1球投球する。基本的に打席に打者は立たない。日本では、投手役の人がマウンドから打者に対して1球(稀に数球)投球する。記録に残っている最古の始球式は1908年11月22日にアメリカの大リーグ選抜チームと早稲田大学野球部の試合における大隈重信の始球式とされる。大隈重信の投球はストライクゾーンから大きく逸れてしまったが、早稲田大学の創設者、総長、政治家である大先生の投球をボール球にしてはいけないと考えた早稲田大学の1番打者がわざと空振りをしてストライクにした。これ以降、打者は投手役に敬意を表すため、投球がボール球でも絶好球でも空振りをすることが慣例となった。これらの日本式の始球式はその後アジアの国々だけでなく、アメリカでもこの方式で実施するケースが出てきている。始球式の投球を空振りしなくても特に罰則規定はない(※ただし投手役はスポーツ選手でない場合も多く、ピッチャー返しを打つと危険であるため、わざと空振りするのは投手役の負傷を防ぐ目的もあるともいわれている)。近年の日本プロ野球では中継テレビ局で放送しているバラエティ番組やドラマの出演者をはじめ、芸能人が番組宣伝の一環として行うケースが増えている。




[PR]
by 稲妻 | by inazumahiruzuzoku | 2013-07-08 00:00 | Sport
<< adidas Original... Best of Web >>