1986年(26年前)の秋元康


秋元康 - Wikipedia
秋元 康(あきもと やすし、1956年5月2日 - )は、東京都目黒区出身の放送作家、作詞家、テレビプロデューサー、脚本家、映画監督、漫画原作者、タレント。2000年代後半以降は女性アイドルグループ・AKB48およびその派生グループの総合プロデューサーとしても知られている。血液型O型。愛称はやすす。自身が取締役を務め、妻の秋元麻巳子が監査役を務める株式会社秋元康事務所に所属している。中央大学附属高等学校2年生だった1973年の冬、受験勉強に集中できず何気なくニッポン放送『せんだみつおの足かけ二日大進撃!』を聴いていたところ、「この程度なら自分にも書ける」と思い受験勉強用に用意したノート20数ページにわたり、せんだを主人公とした平家物語のパロディを書き上げた。同級生の薦めを受けそのノートをニッポン放送へ送ったところ当時ニッポン放送社員であった亀渕昭信と大橋巨泉事務所の放送作家グループに所属していた奥山侊伸の目に留まった。かくしてニッポン放送へ遊びに来るように言われ、出入りするようになるうち奥山の弟子となり大橋巨泉事務所の放送作家グループに所属。その後、放送作家に物足りなさを感じていたところ亀渕からPMP(現・フジパシフィック音楽出版)の朝妻一郎を紹介されたことから作詞を手掛けるようになる。1981年、Alfeeの楽曲である「通り雨」B面の曲を作詞する機会を得て坂崎幸之助と高見沢俊彦の合作「言葉にしたくない天気」で作詞家デビューを果たした。これを機に作詞家としても活動を開始する。
放送作家としては『オールナイトフジ』、『夕やけニャンニャン』を手掛けている。とんねるずやおニャン子クラブの仕掛人ともされるが、おニャン子クラブについては共同作業であるとし、自分は仕掛け人ではないと説明している。また作詞家としてとんねるずやおニャン子クラブなどのアーティストの楽曲の作詞を手掛けるほか、作家や映画監督等で活動している。
作詞家としての作品の総売上は4500万枚を超える。作詞家歴代3位。1位獲得作品数は60曲を超える。作詞家歴代1位。今まで4000曲以上を世に送り出してきた。最もヒットしたシングルはAKB48の「フライングゲット」と「Everyday、カチューシャ」、3番目が「風は吹いている」(ミリオンセラー、オリコン調べによる)である。作詞家としてはとんねるず、稲垣潤一、崎谷健次郎、石川優子、少女隊等に20曲以上提供する等、さまざまな歌手に詞を提供しメッセージソングやパロディソングのみならず、美空ひばりの「川の流れのように」のようなシリアスな楽曲も手掛けている。
おニャン子クラブの後、いくつかのアイドルユニットのプロデュースを手がけている。1985年に少女隊。1986年息っ子クラブ(おニャン子クラブの男性版グループ)。1989年幕末塾(彦摩呂らのいた男性グループ)。1993年ねずみっ子クラブ(女子小学生グループ)。1998年-1999年チェキッ娘。2001年-2006年推定少女。2005年にはAKB48を仕掛けた。




[PR]
by INZM | by inazumahiruzuzoku | 2012-01-21 02:18 | Other
<< Today's Sho... NEX-7 vs M9 >>