ファミコン CM





ファミリーコンピュータ - Wikipedia
ファミリーコンピュータ (Family Computer) は、1983年7月15日に任天堂より発売された家庭用ゲーム機。メーカー希望小売価格は14,800円。ゲーム&ウオッチで成功した任天堂が、その利益を使って開発したゲーム機。8ビットCPUを搭載し、ゲーム機本体のスロットに差し込むロムカセットを交換することにより様々なゲームを楽しむことができる。本体と同時発売したゲームソフトは『ポパイ』や『ドンキーコング』、『ドンキーコングJr.』の3本である。追加投入されたゲームも当初は『ピンボール』、『マリオブラザーズ』などアーケードゲームからの移植作が中心となった。販売状況は発売当初こそ振るわなかったものの、徐々に人気化し 1 年間で 300 万台以上を販売した。1985年には『マリオブラザーズ』のキャラクターを用いて新たに開発した『スーパーマリオブラザーズ』を発売。この作品は大ヒットとなり本体の販売にも大きく貢献し、家庭用ゲーム機の市場を大幅に拡大させていった。最終的な出荷台数は全世界累計で約 6,291 万台を記録した。内訳は日本で約 1,935 万台、日本以外で約 4,356 万台である。




[PR]
by 稲妻 | by inazumahiruzuzoku | 2011-12-19 22:15 | Game
<< Today's Sho... Today's Sho... >>