天国と地獄





ユッケの安全性 - Wikipedia
ユッケは生肉を食するものであるため、動物の腸などから付着した腸管出血性大腸菌やサルモネラなどに感染する可能性がある。このため旧厚生省は「生食用食肉の衛生基準」(1998年(平成10年)9月11日生活衛生局長通達)により生食用食肉の規格や衛生管理について定めている。しかし、これに基づく生食用食肉の出荷実績がある施設は馬肉とレバーのみであった(2008年(平成20年)、2009年(平成21年))。この基準が遵守されず、多くの加熱用食肉が飲食店の自主判断で生のまま提供されているという。2011年(平成23年)4月に富山県の砺波市にある焼き肉チェーン店でユッケを食べた男女15グループ24人が発熱や下痢などの食中毒症状を訴え、腸管出血性大腸菌O157・O111が検出され、そのうちの焼肉とユッケを食べた男児1名(O111を検出)が死亡する事件が起き、さらに福井市にある同じチェーン店でユッケを食べ、O111に感染した男児1名も死亡したことが判明した。これらのユッケに使われた肉も、生食用ではなく加熱用食肉であった。




[PR]
by 稲妻 | by inazumahiruzuzoku | 2011-05-03 04:29 | Other
<< TIME The Giant Ginkg... >>