誠意ってなにかね?





子どもの安全基準、根拠不透明~市民の追及で明らかに
福島老朽原発を考える会をはじめ3団体の呼びかけで21日、文部科学省が児童の放射線許容量を年間20ミリシーベルトとする安全基準を出したことに関して、その数値を撤回­­するよう交渉を行った。出席した文部科学省と内閣府原子力安全委員会の担当者は、ほとんどの質問に対して回答することができず、子どもの安全基準の根拠が不透明であり、­き­ちんとしたプロセスがとられていない可能性があることが明らかとなった。この模様をUSTREAM中継をしたところ1300人が視聴。出席した担当者がほとんど回答できないことに対して怒りのツイートが相次いだ。また­­、若い担当者しか出席しなかったことに対し、「なぜ責任者がこないのか」といった声が殺到。




[PR]
by INZM | by inazumahiruzuzoku | 2011-04-28 08:31 | Other
<< 俺は歌う。俺は弾く。コンプレッ... まさに小出さんの心配していたと... >>