布袋寅泰 「ヒムロックは最高の恋人、永遠の恋人\キリッ!/」





布袋寅泰 - Wikipedia
布袋 寅泰(ほてい ともやす、1962年2月1日 - )は、群馬県高崎市江木町出身の日本のミュージシャン、ギタリスト。身長187cm。1981年、BOØWYのギタリストとしてデビューし、同バンドでの活躍でギタリストとしての地位を確立する。BOØWY解散後はソロ活動の他、吉川晃司とのユニット・COMPLEX、他ミュージシャンへの楽曲提供など幅広い活動をしている。ソロ作品の代表曲は「さらば青春の光」、「POISON」、「スリル」、「バンビーナ」など。BOØWY時代から現在に至るまで愛用されている、白黒の幾何学模様のフェルナンデス・テレキャスター(TEJ-HT)は、市販の数あるシグネイチャー・モデルのギターの中でも特に有名である。この模様は、布袋のトレードマークとして、ステージ衣装やアルバムのジャケットに使われたり、ソロ活動以降の「ギタリズム・マーク」のモチーフにも使われている。




[PR]
by 稲妻 | by inazumahiruzuzoku | 2011-04-18 21:10 | Music
<< 氷室狂介 「ちょ、ステージの上... Today's Song >>