予言されていた原発震災


広瀬隆 - Wikipedia
広瀬隆(ひろせ たかし、1943年1月24日 - )は作家。東京生まれ。早稲田大学理工学部応用化学科卒業。大学卒業後、メーカーの技術者を経て、執筆活動を開始、医学文献等の翻訳に携わる。スリーマイル島原子力発電所事故を機に、『原子力発電とはなにか……そのわかりやすい説明』(野草社、1981年)を出版。1980年代初期の著作として「安全というならば、長大な送電線建設コストのかかる地方ではなく、電力の大消費地である首都圏に原子力発電所を建設してはどうか」と指摘した『東京に原発を!』(JICC出版局、1981年)や、がんや白血病で死んだハリウッドスターの死因と、ネバダ州で行われていた大気圏内核実験の因果関係を示唆した『ジョン・ウェインはなぜ死んだか』(文藝春秋社、1982年)がある。1986年4月26日にチェルノブイリ原発事故が発生すると、『東京に原発を!』の改訂版や『危険な話』(八月書館、1987年)で、原子力(発電や放射性廃棄物)の危険性を主張する立場を鮮明にする。これらの著作は反響を呼び、広瀬はDAYS JAPAN(講談社)に原発関係の記事を繰り返し寄稿する他、「朝まで生テレビ!」で原発を扱った回に出演するなど、原子力撤廃運動の論客として広く注目されるに至った。2011年3月11日発生の東北関東大震災後後、福島第一原子力発電所事故について、3月17日朝日ニュースター「ニュースの深層」への出演(「福島原発事故 -メディア報道のあり方-」)、その出演模様のyoutubeへの転載、その後もUstream等を通じての積極的な情報発信を続け、大きな注目を集めている一方、その信憑性については、北村正晴東北大学名誉教授を初め多くの疑問も寄せられており、慎重な検証が待たれる。




[PR]
by 稲妻 | by inazumahiruzuzoku | 2011-04-10 06:52 | Other
<< Today's Sho... これからの福島第一原発と放射能汚染 >>