コシナ「フォクトレンダーNOKTON 25mm F0.95」 - 交換レンズ実写ギャラリー


コシナ「フォクトレンダーNOKTON 25mm F0.95」 - デジカメWatch
フォクトレンダーNOKTON 25mm F0.95は、コシナ初のマイクロフォーサーズ専用の大口径単焦点レンズ。このレンズをマイクロフォーサーズ機に装着すると35mm判換算で50mm相当の標準レンズとして使用できる。 今回は、パナソニックLUMIX DMC-GH2に装着して使用した。注目すべき所は、やはりF0.95という非常に明るい開放F値だろう。そのため撮像素子が小さいマイクロフォーサーズ機でも、大きなボケを期待できる。また、F0.95という明るさがあれば、夜間スナップなど光量不足になりがちな撮影シーンでも、高感度に頼ることなくシャッタースピードを稼ぐことが可能だ。さらに、このレンズは最短撮影距離0.17mと近接撮影にも強く、最大撮影倍率は1:3.9となっている。そのため簡易マクロレンズとしても十分活躍する。また、レンズの造りの良さにも注目したい。鏡筒はすべて金属製で非常に高級感がある。サイズは58.4×70mm、重量は410g。サイズから考えるとズッシリと重め。DMC-GH2に装着するとサイズ的にはちょうどよいが、重心はレンズ側にある印象を受ける。鏡筒部分は、コシナVM(ライカMマウント互換)マウントのレンズ製品群に近い。特にHELIAR classic 75mm F1.8に近い印象を受けた。レンズマウント部分には電子接点などはないため撮影情報は記録されない上、DMC-GH2で使うにはカスタムメニューからレンズ無しレリーズをONに設定しないと撮影もできない。フォーカスはマニュアルフォーカスのみ。金属製のヘリコイドは心地よいトルクがありスムーズ。ピントの微調整も正確に行なえる。それに加えマイクロフォーサーズ機なら、ライブビューでピント位置拡大機能を使用すると、楽にピント合わせができる。絞りはカメラボディ側で制御できないため、レンズ先端付近にある絞りリングを回して調整する。絞りリングのクリック感は良好で操作しやすい印象。また、絞りには10枚羽根虹彩絞りを採用することで、美しいボケを実現している。F1.4以上絞ると点光源に発生する光条がとても美しい。マイクロフォーサーズ機は液晶モニターやEVF上で被写界深度を確認しながら撮影できるのも、大口径レンズを使う際の利点。ただし夜景撮影時に絞り過ぎると、ライブビュー画面にノイズが目立って見づらくなる場合もあるので注意したい。絞り値によって大きく変化する描写も面白い。絞り開放ではピントが合っている部分でも柔らかく、全体的にソフトなイメージになる。また、近接撮影時のボケている部分はとろけるようなボケが特徴的。ただし、光源などを写すとレンズ周辺にコマフレアが確認できる。F1.4~2の間は芯のある描写と柔らかいボケのバランスがよい。F2.8まで絞ると急激にレンズ全面の画質が向上し、それまで確認できた収差によるにじみなどが改善されシャープになる。また、周辺減光に関しても、F2.8まで絞ることでほぼ目立たなくなる。数日間試用してみたが、開放絞りでの柔らかい描写や絞った時のシャープさなど、1本でさまざまな写りを楽しめるレンズといえる。他のマイクロフォーサーズレンズとは違ったテイストを楽しめるレンズなので、持っておいても損はないと感じた。まだ、明るい単焦点レンズの少ないマイクロフォーサーズマウントのレンズだが、このような非常に明るいレンズが仲間入りして、選択枠が広がるのはとてもよいことだ。


              



[PR]
by INZM | by inazumahiruzuzoku | 2011-02-17 02:38 | Camera/Gadget
<< Today's Sho... Slow Motion Mov... >>