My 80's #6





BOØWY - Wikipedia
BOØWY(ボウイ)は日本のロックバンド。1980年代に活躍。1981年結成、1988年解散。群馬県高崎市出身の氷室京介、布袋寅泰、松井恒松、深沢和明、諸星アツシと、サポートメンバーの木村マモルの6人によって結成。所属事務所スタッフにより「暴威」と命名。1981年5月 1stアルバム『MORAL』レコーディング開始。レコーディング中に木村が脱退、後任として高橋まことが加入。1982年1月28日バンド名を「BOØWY」に変更。10月9日 この日行われた新宿LOFTでのライブを最後に深沢と諸星が脱退。以後、氷室、布袋、松井、高橋の4人編成となる。1984年 氷室、「狂介」から「京介」に改名。1986年11月8日 5thアルバム『BEAT EMOTION』発売。『BEAT EMOTION』発売前にラジオで「次は売れる曲出します」と発言したが、その通りに売れた。12月16日の長野市民会館でのライブ後、ホテルのバーにてメンバー全員で解散について話し合った。最初に解散を提案したのは布袋だった。それまでも「1位を取ったら解散」とメンバー間で話してはいたが『BEAT EMOTION』が初登場1位を記録したことから、この時が初めて現実的な内容でのミーティングとなった。ファンの間では、マスコミに一切公表していないにも関わらず『ROCK'N ROLL REVIEW DR.FEELMAN'S PSYCOPATHIC HEARTS CLUB BAND TOUR』のファイナル公演である「12月24日の渋谷公会堂で解散」という情報が事前に伝わっていた。パソコンや携帯電話はもちろん、ポケットベルさえ普及しておらず、実際に会って話すか、固定電話を使用する、または郵便物によるもの以外に情報伝達の手段がなかった当時としては異例のことである。これは「活動後期の歌詞や活動内容の加速度・充実度やエピソードから一部ファンと音楽ライターが年内解散を予測しており、複数発生源の口コミとして広まった」ということが、音楽誌「BANDやろうぜ!!」の編集後記にこぼれ話として書かれたことがある。1987年12月24日 ツアー最終日渋谷公会堂でのライブ中に解散宣言。12月25日 新聞各紙の広告スペースに解散メッセージが掲載される。1988年4月4日・5日 東京ドームにて「LAST GIGS」を行う。




[PR]
by 稲妻 | by inazumahiruzuzoku | 2010-12-25 01:37 | Music
<< My 80's #7 My 80's #5 >>