My 80's #4


プリンス - Wikipedia
プリンス(Prince, 1958年6月7日 - )は、アフリカ系アメリカ人のポピュラー音楽のミュージシャン。1978年のファーストアルバム以降、ロック、ファンク、ソウル、ブルース、ジャズ、ニュー・ウェイヴ、ヒップホップを自在に取り込んだ唯一無二のスタイルで音楽を創造しつづけ、第一線で活躍しながら多くの信奉者を生んでおり、俗に言うミネアポリスサウンドの中心的存在である。一方、その強すぎる個性や存在感から「聴かず嫌い」され易く、批評家達の間でも賛否が大きく分かれるミュージシャンの一人でもある。曲のタイトル・歌詞の特徴として、to は「2」、for は「4」、you は「U」、are は「R」など同音異字を用い、I (アイ) は「eye」の表象文字で記載されている。イメージカラーは主に「紫」。これは「Purple Rain」発売前からであり、むしろこのタイトルがこのイメージに合わせたとも考えられる。1984年、同名映画のサウンドトラックとして パープル・レイン が発表され、プリンスのコマーシャル的な価値は頂点に達する。発表初週に100万枚を売り上げたこのアルバムは、ビルボードチャートのトップに実に24週間も居座りつづけた。シングルカットされた When Doves Cry、Let's Go Crazy の2曲がシングルチャートで1位となり、プリンスは全米でのボックスオフィス、アルバムチャート、シングルチャートですべて1位を獲得するという偉業を達成する。1989年、映画バットマンのサウンドトラックを担当する。サウンドトラックとされているものの、その実は映画にインスピレーションを得たオリジナルアルバムとなっている。アルバム、およびシングルカットされた Batdance はチャート1位を獲得する。




[PR]
by 稲妻 | by inazumahiruzuzoku | 2010-12-24 10:44 | Music
<< My 80's #5 Today's Sho... >>