小泉進次郎





小泉進次郎 - Wikipedia
小泉 進次郎(こいずみ しんじろう、1981年(昭和56年)4月14日 - )は、日本の政治家。父は第87・88・89代内閣総理大臣の小泉純一郎、兄は俳優・タレントの小泉孝太郎。曾祖父・又次郎、祖父・純也、父・純一郎と4代続く世襲政治家である。神奈川県横須賀市で生まれる。1988年(昭和63年)、関東学院六浦小学校に入学し、その後同中学校・同高校を経て、同大学に進み、一貫して関東学院で過ごした。2008年(平成20年)、父・純一郎の政界引退表明に伴い、後継候補に指名された。2009年(平成21年)8月に施行された第45回衆議院議員総選挙では、自由民主党の公認を得て、神奈川県第11区から初出馬。過半数となる150,893票(得票率57.1%)を得て、初当選を果たした。この衆院選に当選した5人の自民党新人議員では、唯一の20歳代となった。趣味は野球、サーフィン、ゴルフ、読書。尊敬する歴史上の人物はジョン・F・ケネディ。好きな言葉は「意志あるところに道はある」。2010年11月10日の衆議院予算委員会の質問の中で、尖閣諸島中国漁船衝突映像流出事件に関し、強い語調で「(政府がビデオを)公開していたら、流出事件は起こらなかった」、つまり、流出に関する政府の責任は、管理責任ではなく非公開にしたことの責任だとの旨を発言した。




[PR]
by INZM | by inazumahiruzuzoku | 2010-11-12 23:34 | Other
<< 竜宮城 超合金ヤマト >>