地下鉄サリン事件


地下鉄サリン事件 - Wikipedia
地下鉄サリン事件とは、1995年3月20日に東京都の地下鉄でカルト新興宗教団体のオウム真理教が起こした化学兵器を使用した無差別テロ事件である。1995年3月20日午前8時ごろ、東京都内の帝都高速度交通営団(現・東京地下鉄(東京メトロ)、以下営団地下鉄)丸ノ内線、日比谷線で各2編成、千代田線で1編成、計5編成の地下鉄車内で、化学兵器として使用される神経ガスサリンが散布され、乗客や駅員ら13人が死亡、負傷者数は約6,300人とされる。日本において、当時戦後最大級の無差別殺人行為であるとともに、松本サリン事件に続き、大都市で一般市民に対して化学兵器が使用された史上初のテロ事件として、全世界に衝撃を与え、世界中の治安関係者を震撼させた。事件から2日後の3月22日に、警視庁は新興宗教団体オウム真理教に対する強制捜査を実施し、事件への関与が判明した教団の幹部クラスの信者が逮捕され、林郁夫の自供がきっかけとなって全容が明らかになり、5月16日に教団教祖の麻原彰晃が事件の首謀者として逮捕された。2010年現在、この事件に関与したとして指名手配されている高橋克也・菊地直子の両容疑者は未だ逃亡中である。




[PR]
by 稲妻 | by inazumahiruzuzoku | 2010-10-02 00:24 | Other
<< 和歌山毒物カレー事件 東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件 >>