東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件


東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件 - Wikipedia
東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件とは、1988年から1989年にかけて東京都北西部および埼玉県南西部で発生した、幼女を対象とした一連の事件。この事件は、3歳から7歳という低い年齢の女児が被害者となったり、犯行声明を新聞社に送り付ける・野焼きされた被害者の遺骨を遺族に送りつけるなどの、極めて異常な行動を犯人が取ったことから、欧米を中心に多発する児童への性的暴行を目的とした誘拐・殺害事件などとの比較も行われ、戦後日本犯罪史上にて初めてプロファイリングの導入が検討された。1989年7月23日、この事件の犯人である宮崎勤が別のわいせつ事件を起こしているところを被害者の父親に取り押さえられ、現行犯で逮捕された。なお、逮捕される前から宮崎が過去の性犯罪者リストによって捜査線上に浮かんでいたとも言われている。宮崎が自室に所有していた「5,763本ものビデオテープ」を家宅捜索により押収した警察側は、これらを分析するために74名の捜査員と50台のビデオデッキを動員した。2週間の調査によって、被害者幼女殺害後に撮影したと見られる映像を発見した。そして1989年9月2日に起訴に踏み切り、後に宮崎の供述により遺体が発見されたため、一連の事件犯人として追起訴した。1997年4月14日に東京地方裁判所で死刑判決が下る。2008年6月17日、東京拘置所に於いて当人の死刑が執行された。宮崎の口から遺族に対する謝罪、事件に関する反省の念が語られることはついに最期まで無いままであった。




[PR]
by 稲妻 | by inazumahiruzuzoku | 2010-10-01 15:41 | Other
<< 地下鉄サリン事件 Today's Sho... >>