Kaká


リカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチ - Wikipedia
ブラジリア出身のサッカー選手。卓越したテクニック、強靭なフィジカル、高い身体能力と戦術的柔軟性を併せ持つ近代型のチャンスメーカー。得意とするエリアは中盤と前線をつなぐトップ下の位置から左サイドにかけてである。特徴的なプレーとしてドリブルと中央でのボールキープからの突破がある。
2006 FIFAワールドカップではロナウジーニョ、ロナウド、アドリアーノとともにカルテット・マジコ(「魔法の4人」)を形成し世界中で話題となった。しかしチームは機能せず、個々の選手がバラバラに活躍するのみで圧倒的な優勝候補といわれた前評判を見せられぬまま、準々決勝でフランスに敗れベスト8で敗退した。FIFAクラブワールドカップ2007では1得点3アシストの大活躍を見せ、大会MVPに輝くと共に、欧州勢として初となるクラブW杯優勝、ミランとして1990年トヨタカップ以来4度目となる世界一に導いた。これらの活躍を評価され、2007年はバロンドール、FIFA年間最優秀選手賞、FIFPro年間最優秀選手賞、英誌ワールドサッカー選出世界年間最優秀選手賞(いずれも初受賞)と4つの栄誉を手にすることになった。2009年、フロレンティーノ・ペレスが会長に復帰したレアル・マドリードの最初の新加入選手として移籍金6800万ユーロ(約100億円)の7年契約で移籍。

ブラジル代表選手

[PR]
by INZM | by inazumahiruzuzoku | 2010-06-28 10:43 | Sport
<< Halfway in - 20... Fedor Emelianenko >>