MJ #7

ダーティー・ダイアナ(Dirty Diana)は、1987年に発売したアルバム『バッド』からの第5弾シングルカットである。ビリー・アイドルとの活動で知られるスティーヴ・スティーヴンスがギターを担当した。アメリカのビルボード誌では、1988年7月2日に週間ランキング第1位を獲得。この楽曲の発表直後、ダイアナとはマイケルが少年時代から慕っていたダイアナ・ロスのことではないかという噂が飛び交った。後にマイケルはこれを否定する。「ダーティー・ダイアナ」はダイアナ妃のお気に入りの曲だった。1988年のBADツアー、ウェンブリー・スタジアム公演では、「ダーティー・ダイアナ」をマイケル本人に懇望した。





「ヒューマン・ネイチャー」(原題:Human Nature)は、1983年にマイケル・ジャクソンが発表した楽曲、及び同曲を収録したシングル。アルバム『スリラー』からの第5弾シングル・カットである。クインシー・ジョーンズは「信じられない万華鏡のようなハーモニー」とこの曲を絶賛している。アメリカのビルボード誌では、1983年9月17日に週間ランキング最高位の第7位を獲得。

#6

[PR]
by INZM | by inazumahiruzuzoku | 2010-06-24 04:01 | Music
<< MJ #8 FREE FALL >>