Dunga

ドゥンガ - Wikipedia
カルロス・アルベルト・パレイラの後任として2006年7月にブラジル代表監督に就任、監督およびコーチ経験の無いままセレソンを率いることになった。監督就任以降はフレッジ、ロビーニョ、シシーニョなどの若手選手を積極的に起用している。その一方でベテランのカフー、エメルソン、ゼ・ロベルト、ロナウドなどは招集されていない。パレイラが重用していたアドリアーノ、カカ、ロナウジーニョからなる通称「カルテット・マジコ」にたいしては「前線にアタッカーを4人並べる危険なことはしない」と否定的である。守備重視の戦術を採用しておりブラジルのメディアからはつまらないサッカーだと批判されていた。南アフリカW杯の南米予選においては前半戦で3試合連続無得点を記録し一時は5位にまで後退したため、スタジアムのファンからブーイングを浴びメディアからも厳しく批判されたがその後は持ち直し、9月に行われたアウェーのアルゼンチンに3-1で勝利し第1回大会から19回連続となるW杯出場を決めた。
監督暦のないままブラジル代表監督に就任したことに加え、ワールドカップ南米予選において他を圧倒する成績を収めていないため、2009年のコンフェデレーションカップで優勝するまでブラジルのサッカーメディアおよびサポーターの多くから解任を求める声が度々あがっていた。 日本代表に対する発言も時折行っており、2006 FIFAワールドカップにおける敗因について日本語で「お水ください」とからかうように発言し、闘争心の欠如と運動量不足を暗に挙げた。

ブラジル代表監督

[PR]
by 稲妻 | by inazumahiruzuzoku | 2010-06-20 12:16 | Sport
<< PREDATORS AKB48が各国のユニフォーム... >>