Diego Armando Maradona

ディエゴ・マラドーナ - Wikipedia
マラドーナはかねてからアルゼンチン代表監督への意欲を公言していたが、監督としての実績がほとんどないこと、問題行動が多いことから、実際に就任が取りざたされることはほとんどなかった。しかし2008年10月、2010 FIFAワールドカップ・南米予選におけるアルゼンチン代表の成績不振により、アルフィオ・バシーレ監督が辞任すると、アルゼンチンサッカー協会はマラドーナへ監督就任を要請。同年11月、バシーレの後任としてアルゼンチン代表監督に正式就任。伝説的な選手の監督就任として国際的に注目を受けたマラドーナだったが、その手腕には就任当初から疑問符をつける報道が多かった。就任直後の親善試合こそ連勝したものの、重要なワールドカップ南米予選において格下のボリビア相手に1-6というまさかの大敗を喫すると、以降もエクアドル、ブラジル、パラグアイ相手に3連敗を喫し、一時は予選6位にまで転落。予選敗退の瀬戸際にまで追い込まれた。最後の2試合を何とか勝利し、4位に滑り込んでワールドカップ出場を果たしたが、最終戦後の記者会見で、自身の采配を批判してきた記者たちを、卑猥な言葉を用いて激しく罵倒。これにより、FIFAから練習参加などを含む2ヶ月間のサッカー活動禁止と、日本円で220万円の罰金処分を受けた。語録に「ペレは天才だが、マラドーナは神だ」「飛んだ瞬間、目の前が真っ白になって神が僕に手を差し伸べた。あれは神の手によるゴールだ」「あの5人抜きはイングランドの選手がフェアだったからこそやれた」

アルゼンチン代表監督

[PR]
by 稲妻 | by inazumahiruzuzoku | 2010-06-17 10:16 | Sport
<< adidas FOOTBALL... 2010 World Cup ... >>