Marcello Romeo Lippi

マルチェロ・リッピ - Wikipedia
1994年、当時低迷していたユヴェントスの監督に就任すると、ジャンルカ・ヴィアリ、ファブリッツィオ・ラバネッリ、そして当時期待の若手だったアレッサンドロ・デル・ピエロを前線に並べ、高い位置から積極的にプレスをかける攻撃的な戦術を採用。就任1年目でユヴェントスに9シーズンぶりのスクデットをもたらした。その後も指導者キャリアの中であらゆるタイトルを獲得し、名将としての地位を確固たるものにしていった。EURO2004終了後、ジョバンニ・トラパットーニの後を受けイタリア代表監督に就任。「カテナチオからの脱却」を旗印に、攻撃的な戦術でチーム作りを推進し、2006年のワールドカップドイツ大会でイタリア代表を24年ぶりの優勝に導き、UEFAチャンピオンズリーグとワールドカップの両方を制した史上初の監督となった。トヨタカップも制しているため、クラブチームとナショナルチームの両方で世界一になったのは彼のみである。大会終了後に「私の役目は終わった」として代表監督を勇退。また、EURO2008予選敗退による責任で解任されたスティーブ・マクラーレンの後任としてイングランド代表監督候補として挙がったが、リッピ本人が英語を話せないため辞退した。結局、イングランド代表監督はファビオ・カペッロが就任した。2008年6月26日、イタリア代表がEURO2008を準々決勝で敗退したことにより、退任することとなったドナドーニ監督の後任として、イタリア代表監督に再就任することとなった。W杯ドイツ大会以来およそ2年ぶりの監督復帰となる。

イタリア代表監督

[PR]
by 稲妻 | by inazumahiruzuzoku | 2010-06-15 00:57 | Sport
<< タマシイレボリューション Samuel Eto'... >>