心肺蘇生法

心肺蘇生法 - Wikipedia
心肺蘇生法(しんぱいそせいほう、CardioPulmonary Resuscitation; CPR)は、呼吸が止まり、心臓も動いていないと見られる人の救命へのチャンスを維持するために行う呼吸及び循環の補助方法である。
救命処置のうち、特殊な器具や医薬品を用いずに行う心肺蘇生法を一次救命処置(Basic Life Support; BLS)と呼び、救急救命士や医師による高度な蘇生処置(心肺蘇生以外も含む)を二次救命処置(Advanced Cardiac Life Support; ACLS)と呼ぶ。
BLSとはつまるところ脳の蘇生である。人間の脳は呼吸が止まってから4~6分で低酸素による不可逆的な状態に陥る。2分以内に心肺蘇生が開始された場合の救命率は90%程度であるが、4分では50%、5分では25%程度となる。したがって、救急隊到着までの数分間(5~6分)に「現場に居合わせた人による心肺蘇生が行われるかどうかが救命率を大きく左右する。

関連ニュース : <心肺蘇生>胸押し続けて 人工呼吸しなくても効果…京大 - 毎日jp(毎日新聞)

[PR]
by INZM | by inazumahiruzuzoku | 2010-06-01 22:17 | Other
<< mastermind JAPAN 正しいブラジャーのつけ方 >>