飛田新地





飛田遊廓 - Wikipedia
大正時代に築かれた日本最大級の遊廓と言われた。1958年(昭和33年)の売春防止法施行以後は料亭街『飛田料理組合』となっているが、現在も当時の雰囲気を伝えている。なお、ほとんどの「料亭」は看板は料亭であるが、営業内容は1958年以前と何ら変わりがない。表向き料亭に転向することにより、料亭内での客と仲居との自由恋愛という脱法行為として売春防止法を逃れられたためである。

[PR]
by INZM | by inazumahiruzuzoku | 2010-04-28 00:29 | Other
<< カレシの元カノの元カレの元カノ... 120度ブーメラン型デスク >>