WEB SPA!|男のための[激安ブランド服]活用術

H&M、FOREVER21、しまむらetc.
オンナがハマる“ファストファッション”はどこまで使えるのか?


先日、編集部で編集長のジャケットが紛失する事件が起きた。しかし我々が驚いたのは、職場で物がなくなったことより、そのジャケットがユニクロだったことだ。「安くて着やすくて、何が悪い!」とはボスの言葉。でも、それは納得。しかも最近は、やたら激安ブランドが大盛況だ。そこで、男のための上手な使い方を調査してみた。



◆女性が提案する! 激安ブランド服を男は、こう着ろ!
オシャレ大好き女子だから言える!? 辛辣な意見ばかり!


 その昔、激安ブランドといえば、『安かろう、悪かろう、ダサかろう』という印象だった。──しかし時代が変われば、ファッションも変わる。海外大手のFOREVER21、H&Mなどは、都内の一等地に続々店舗をオープンしており、いずれも入店制限のかかる人気ぶり。国産ブランドの雄・ユニクロも、'09年5月の売り上げが、前年比で18.2%増と絶好調! 不況を追い風に勢いを増す激安ブランド軍。男もその波に乗るべく、激安ブランド大好きなオシャレ女性からアンケートを取り、上手な着こなしを検証してみた。まずはブランドごとの意見から。

 まず今一番旬なブランドと言えば、『永遠の21歳』を意味するFOREVER21。オシャレで安価な服に加え、サングラスやアクセサリー等の小物も充実しており、原宿にある店舗は常に長蛇の列!

 しかし……「NY在住です。FOREVER21は、私の中ですごく微妙。お金のない若者や、低所得層のおばさま向けと思ってます。ディスプレイもいまいち下品!」(33歳・WEBデザイナー)、「とにかく混みすぎ。あそこのアイテムを着ていたら、『並んでまで買ったんだ』とひいてしまう」(38歳・コンサルティング)などと、意外なほどに支持されていない。騒がれすぎたがゆえの、反感もあるのかもしれない。

 そして第一号店を銀座に出店し話題となった、スウェーデンのブランド・H&Mは、「マンハッタンの五番街にも何店舗もあるし、お洒落な人も利用していていいイメージですよ」(前出のNY在住・33歳・WEBデザイナー)という声がある一方、「生地が傷みやすい。ワンシーズンで着倒すのが鉄則」(26歳・主婦)、「インナーはいいけど、アウターを買うのは場合によると思う」(33歳・不動産)など、見た目の安っぽさを心配する人も。流行モノを上手に取り入れるのが、ベストなのかも。

 商品の回転が速いことで有名な、スペインのブランドZARAの場合、「デザインはいいけど、縫製が荒いから彼には着てほしくない」(32歳・金融)というマイナス意見もあるが、手足が長い、太め、背が高いなどの『日本製では規格外』の人にとっては、「サイズが豊富なので、ガタイのいい私の彼は大助かり。超ヘビーユーザーです」(28歳・繊維)に代表されるように、サイズが合えば熱狂的なファンになるパターンが多い。

 辛口評価が多かったのは、海外激安ブランドの中でも老舗の部類・GAP。「値段の割りに袖口などが痛みやすくて、コスパが悪いと思う」(22歳・大学生)、「彼がGAPのシャツを一度洗ったら、クタクタになってしまった。着ると貧相に見えるし、もう買わないでと頼んだ」(35歳・フードコーディネート)など、部屋着なら許せるレベルだと思うが、厳しい!

 そして今や飛ぶ鳥を落とす勢いのユニクロだが、やっぱりユーザーが圧倒的に多い! しかし男性ものに関しては、「家人のパンツ、シャツ、靴下は、全部ユニクロ。質もいいし、デザインも悪くない。かぶってもわからないからいい」(35歳・金融)、「夫の下着は私がユニクロでそろえています」(36歳・編集)など、目に見えないアイテムへの賛称が多かった。

 ちなみに『全身ユニクロの男子はどう思いますか?』という質問に対しては、圧倒的に「一部取り入れるのならばいいけど、全身はNG!」という結果に。まれに気にしないという回答もあったが、「でも時計は30万円以上で、アクセサリーにも凝ってほしい」(29歳・アパレル)、「色で冒険してセンスを見せてほしい」(26歳・自営)などと、かえって高いハードルを要求される意見もあった。

 また、ユニクロは海外でも人気が高く、「スペイン人に嫁いだ友達に、『夫の土産にはユニクロのシャツをお願い』と頼まれた。アイロンいらずの形状記憶シャツが、出勤着に最適らしい」(30歳・自営)、「海外に住んでわかったけど、日本製品の縫製は優秀。ユニクロはどんな状況で着ても大丈夫」(36歳・主婦)と大絶賛。いわゆる「ユニバレ」をしない地域では、純粋に質だけが評価されるようだ。

 そしてユニクロと並ぶ国産激安ブランドといえばしまむら。「ものによってはユニクロよりも安い!」(40歳・金融)そうだが、「しまむらは女性向けというイメージが強くて……実際はメンズもあるけれど、あまり着てほしくない」(30歳・制作)という意見にうなづく女性が多数。なんとも不思議な気がするが、ファッションなんてしょせんフィーリングと思えば、納得もいくかも。)





◆ファッション業界緊急座談会
男が着て 許せる/許せない 激安ブランド服はこれだ!


 流行の仕掛け側は、男が激安ブランド服を着ることをどう思っているのか。それについて、ファッション誌の編集者、アパレル店長に現場の意見を聞いてみた。

★志穂/蒼井志穂さん(仮名)
31歳。10~20代女性向けカジュアルファッション誌で活躍するライター。「ジャケットやパンツはサイズが重要。買う前は試着を」。

★絵里/白岡絵里さん(仮名)
30歳。10~20代女性向けのギャル系ファッション誌編集者。「私自身は、小物で遊べば全身ユニクロでもOK。自分も買ってます」

★和也/本山和也さん(仮名)
30歳。メンズファッション誌編集者。サーフ系やロス系に強い。彼は「西海岸のしまむら」と呼ばれるFOREVER21がお気に入り

★雪絵/藍原雪絵さん(仮名)
30歳。激安ブランドとは対極に位置する、ややお高めのインポート系セレクトショップ店長。その品揃えはハイファッション誌に定評あり


志穂 H&Mなどのファストファッションは、10~20代女性の間ではブームですよね。だから、男が激安系を着ること自体、「許せない!ダサい!」と感じてる女性は少ないと思います。

絵里 うちの雑誌でも結構人気ですよ。洋服自体浮いて見えるってこともないし、トレンドを落とし込んだ服も充実しているし。

和也 今の若い層に、安い服を買うことがダサイという感覚はないですよね。むしろ当たり前。ただ、安さだけを全面に出した特集はもう売れませんね。今は「安いから買う」ではなく「価値あるものを安く上手く着こなす」意識にシフトしてきた気がします。

雪絵 えーと……。安い服は電車に乗らない距離で、男女間では気心知れた仲になってから部屋着で、と思ってるんですが。激安服を外で着るって、アリなんですか? 服って、相手に対する礼儀でありマナーですよね。もしユニクロのデニムとコンバースを履いて初デートに来られたら、バカにされた感がします。ビジネスシーンでは問題外。もしくは、安物を賢く取り入れたというより、情報量が少ない人だと蔑みます。

和也 ……(苦笑)。全身だと示しがつかないけど、1点ならユニクロバレしてもいいのでは。雑誌では「ハイ&ローのMIX」と言って、高級服の中に1点ハズシで激安を組み込むコーデが人気。うちの場合、ロゴやデザインが目立つTシャツはブランド、ボトムはユニクロという読者は多いです。

雪絵 ……!? 男のおしゃれは下半身に集約されるのでは……。百歩譲って、「靴とデニムだけちゃんとしていれば、上は最悪ユニクロでもいい」というのがうちの業界の常識ですよ。さらに千歩譲って、海や山にユニクロのイージーパンツを履くなら、TPOをわきまえている感があって許せます。

志穂 お厳しいですね(笑)。私は、ジャケットやパンツ、白い服を激安にするとチープ感が際立ってしまうけれど、タンクトップなどのベースアイテムなら何点でも取り入れていいと思う。

雪絵 タンクトップやカットソーも丈とか首周りのラインが微妙……。ヘンリーネックのボタンからチラ見せする程度なら、うん。

和也 重ね着はアリですね。ある人がユニクロのダウンジャケットを黄と青で二枚重ね着していて好評でしたよ。安いからこそ色合わせを楽しめるんですよね。

志穂 ユニクロの場合カラーバリエを利用して、色遊びをするのはウケがいいですよね。ダメなのは「安いから」、「楽だから」と惰性で着ているのが伝わるコーデ。

和也 あえてそれを取り入れた感、前向きさが重要ですね。むしろ“ユニバレ”を気にしてこそこそインナーで着るより、派手さを出したいがためにあえて奇抜な色を取り入れるとか、隠すより見せる戦略がカッコいいのでは。

雪絵 収納みたいですね(笑)。上級者にしかできなさそうですけど……。ただ、H&Mのような、奇抜なデザインを安易に着て歩くのはいかがなものかと。遠方の人にも「激安服を着てます」って宣伝して歩いているみたいで、その人のプライドと感覚を疑う。コーデの主役をチープにすると、流行に安く踊らされている感も。

和也 H&Mは20代前半までですね。30代になると、流行に疎くなってくるじゃないですか。それで着こなすのは、かなりチャレンジャーかな。

志穂 やはり、自信がない人は、激安系は勝負服として着るより、洗濯機でガンガン洗う用に、機能性目的で買う方が無難ですかね。)





◆男の[激安ブランド服]活用術はこれだ!
デートから仕事の場までフルタイムOKっす!?


「フルタイムOK!」(39歳・メーカー)、「普段のデートにも着ていく」(35歳・玩具店)、「冠婚葬祭など、フォーマルなとき以外ならば大丈夫」(31歳・金融)、「似合っていれば別に問題ないでしょ」(37歳・不動産)、「何がいけないんですか?」(32歳・公務員)。

 これが男が思う激安ブランドへの認識だ! いかに男が洋服に無頓着かよくわかるというもの。 

 念のため、「コンビニに行くときのみ」(36歳・ホームセンター販売)、「家族以外には見られない、部屋着としてならOK」(37歳・大学客員)、「汚れてもいい雨の日くらい」(27歳・IT)など、着る場面に気をつけている人がいたことを男の名誉のため伝えておく。

 しかし、「H&Mは、どうしても自分の年齢にはそぐわないデザインが多い気がして着られない」(33歳・輸入業)、「新しくオープンしたH&MとForever21に行ってみたけれど、デザインが自分には似合わないと感じた」(38歳・IT)、と、安ければいいというものではなく、一応アイテム選びには気を使っているようだ。

 では、彼らはどんな激安ブランド服ならばOKなのか?

「明らかにユニクロとわかるような服は購入しない」(36歳・ゼネコン)、「下着や靴下、Yシャツの下に着るTシャツくらいまで」(36歳・小売店)、「GAPの白シャツはサイズ豊富だし、どこのものか分からないからよく買う」(35歳・鉄鋼)、「飲み屋で同じ柄のシャツを着ている人がいて恥ずかしかったので、シンプルなものを買うようにしている」(41歳・飲食)といった、激安ブランドを身に着けていることを他人にバレてしまうことへの恥ずかしさに対しては、気を使っているようだ。

 それでもなぜ、激安ブランド店に足を運んでしまうの?

「ZARAの布地は値段のわりにすごく質がいいし、デザインも遊び心があるから結構買ってます」(36歳・会社経営)、「1本3万円のデニムも持っているけど、ユニクロでは2本で5980円と驚異的に安い! 作業着として惜しみなく着られるのがいい」(22歳・学生)、「ユニクロの“シャツ工房”は、形状記憶なのに、質も良くて安くてよい」(33歳・生保)、「ユニクロのドライTシャツは、スポーツウエアとしては質が良いし、着つぶしてもいい安さがいい」(34歳・デザイナー)、「ユニクロのコラボTシャツは、ネタにもなるし、デザインもいいと思う」(31歳・メーカー)など、安くとも値段以上の価値を見出せることが人気の秘訣の模様。それにしても、ユニクロ活用率が異常に高い! 「ユニクロはちゃんとしたブランドだと思う」(34歳・製造業)、といった意見も多いことから、男の激安ブランド業界では、しばらくユニクロの独り勝ちの時代が続きそうだ。)





◆検証! ユニクロ独裁時代の実態
20~30代の男の3割弱は、服はみ~んなユニクロ!


 今回の調査で一番驚いたのは、男性のユニクロ着用率の異常なまでの高さ。しかも、20代、30代の男に「私服はほぼすべてユニクロ」という人が意外に多いという驚くべき実態がわかった!

 実際にリサーチした数字を挙げてみると、ユニクロを着ている男性=“ユニ男”の数は、全体のなんと95%を占めている! さらに、上から下までユニクロでコンプリートしている“全ユニ男”(=ぜ~んぶユニクロの男性)は25%も!? これに対し、ユニクロをはじめ激安ブランド服は1着も持っていないという“非ユニ男”(=アンチ・ユニクロの男性)は、ごく少数派で5%にすぎなかった。

 費用の面でも驚く結果が出た。男性が1が月に費やす「服代」は平均でわずか5985円。いくら不況とはいえ、カネかけなさすぎ! しかも、このうち平均3404円をユニクロに投入!? 確かに安いが、そんなにユニクロが好きか!?

 一方、ユニクロを着る男性を女性はどう見ているのだろうか?

「ユニクロはすでに浸透してるし、今さらどうのこうのはない」(27歳・派遣)という声に代表されるように、ユニクロNGの女性は全体のたった7%! 女は激安ブランドに寛容なのだ。

 だが、“ユニ男”の中にも、「バレたら恥ずかしい」という人は24%も存在する。そんな男性心理の表れか、最近では新しい言葉まで生まれている。着ている服がユニクロとバレる「ユニバレ」、タグを外すなどしてメーカーを隠す「ユニ隠し」、街中で同じユニクロを着ている人と遭遇してしまう「ユニかぶり」などがそうだ。

 そんな「ユニバレ」に怯える男性のためではないだろうが、高品質でシンプルなデザインの多いユニクロのアイテムにバッジやワッペンでデコレートし、個性的な着こなしを発表する「デコ・クロ部」(http://oc-i.jp/community/682)なる部までが登場。

「ユニクロであることを隠すためではなく、オリジナリティあるファッションを楽しみたい人の集まりです。数名ですが、男性の部員もいます」(HPより)

 今や“国民服”となり、進化さえ遂げるユニクロだが、偏りすぎの気も……。あなたの隣にも“全ユニ男”がいるかもしれない。)





◆現役スタイリストがコーディネート! 編集Hが[激安ブランド服]で大変身!?

FOREVER21とかは、メンズ服の展開がまだ弱いんですよねえ


 今、大人気の激安ブランド服だが、その着こなしには男女の間に温度差があるようだ……。そこで、理想の男性の着こなし方を知るべく、スタイリストの大橋みずなさんにコーディネイトをお願いし、日曜の原宿を訪れた。

 午前11時前、激安ブランド店・H&Mにはすでに長蛇の列ができていた。みんな手には隣接する激安店FOREVER21(以下、F21)の黄色いバッグを持っている。どやら激安店の“ハシゴ”らしい。

 まずは、F21に突入する。入口付近は10代の女のコでごった返し、通路を真っ直ぐ歩けないほどの混雑ぶり。周りは女子だらけで、サラリーマンには少々勇気がいりそうだが、最上階のメンズフロアはそれほど混んでいなかった。メインの商品はTシャツとデニム。種類はさほど多くないようだ。

「まだ、できたばかりなので、メンズの展開が遅れ気味で、アイテムが少ないんですよ。上物もあまりないし……」

 大橋さんに選んでもらったのは、プリントTシャツ、ノースリーブのパーカー、デニムパンツの3点で計7870円。やはり激安だ。


f0011179_512429.jpg 次にH&Mに移動し、黒のジャケットを選んでもらい購入。店内はそこまでの混雑もなく、F21に比べ男性の一人客も多い。

「同じ激安カジュアルでも、クラッシック・カジュアルなので、やや上品なテイスト。ユニクロにはないセットアップ(上下セット)もあります。アイテムは多めなんですが、店のコンセプトで入れ替えが早く、3~4日で同じ品物がなくなるんです……。だから、仕事的には使いにくい。ユニクロなら、いつ行ってもほしいアイテムがあるんですけどね」

 えッ!? プロのスタイリストがユニクロを使ったりするの?

「はい、普通に仕事に使いますよ(笑)。オーソドックスでサイズも豊富だから、重宝してます」

 意外な答えに驚いたが、では、あえて全部ユニクロでコーディネイトしてもらうことに!

 渋谷スペイン坂のユニクロは、若い男女以外にも、熟年夫婦の姿も目立った。そして大橋さんにはジャケット、チェックシャツ、ストレートジーンズをチョイスしてもらった(計1万970円)。

 そして、いよいよ試着だ。まずは、F21とH&Mの組み合わせ。

「黒のジャケット、暗色系のデニムで締めました。膨張色を使うと、どうしても太ってみえちゃうんです。全体はモノトーンですが、白のTシャツと足元にも白のスニーカーを置いてスッキリした印象にしてみました。単なる白Tシャツにすると、プレーンすぎて安っぽくなるので、プリント物を使って遊んだ感じをプラスしました」

 確かに、カジュアルすぎず、固すぎず、大人の休日という感じ! 

「F21はプリントTシャツのラインナップが多い。ベーシックなジャケットやパンツは皆さん持っているでしょうから、使い勝手はいいと思いますよ」


f0011179_513594.jpg 続いて、全身ユニクロ・コーデにトライ!

「白地にピンストライプのジャケットですが、初夏にはこれくらい明るい色もいいでしょう。シャツは、今年流行のトリコロール・カラーのチェック柄。敢えて、股上深めのストレートジーンズを選んだのは、爽やかで真面目なイメージにしたかったから。これなら、カジュアルOKのビジネス・シーンにも使えます」

 とはいえ、いざ自分の姿を見ると……ビックリするくらい、ザ・ユニクロ!? 確かに真面目な感じに見えなくもないが……。

「プロがユニクロを使うのは、定番アイテムが豊富で、物もしっかりしてるから。でも、きっちりフォーマットができすぎちゃって、オーソドックスに過ぎるので、全身コーデだと……やっぱりユニクロってわかりますね(苦笑)」

 プロも認める高品質でサイズ、ラインも豊富なユニクロだが、タレントに全身ユニクロはありなのか。

「いや、全身はさすがに(笑)」


【おおはしみずな】
群馬県生まれ。スタイリスト。女性アイドルから男性ユニットまで、幅広くタレントのスタイリングを手掛ける)





◆『Men's JOKER』編集部に聞く。
 [激安ブランド服]と上手に付き合うには?

激安ブランド服だけじゃなく、決めのアイテムがあると最高


 これまさまざまなパターンで激安ブランド服の活用術などを見てきたが、実際にどうすれば上手に付き合うことができるのか。その方法を、リアルなコーディネイト提案に定評のあるメンズファッション雑誌『Men'sJOKER』編集部の藤田悠介氏に聞いてみた。

「そもそも一括りに激安ブランドといっても、2種類あると思うんです。まず新興ブランドであるH&MやFOREVER21は、海外のコレクションやトレンドを意識したブランドで、サイズ選びが難しい。一方のユニクロやGAPなどは、日本人の体型に合ったサイズ展開をし、日本のトレンドをある程度意識しています。そのことを知っているだけでも、自分に合った洋服選びをするに役立つと思いますよ」

 ちなみにファッション業界では激安ブランドを“ファストファッション”と呼び、気軽に着られる服として、さらには高い服を際立たせるアクセントのような存在として使われるらしい。そんなファストファッションの服を実際に着るとしたらどうしたらいいのだろうか?

「まずトップス。Tシャツに関しては、カメラマンやスタイリスト、企業ともコラボして、デザインも豊富なユニクロでしょうか。ウチの雑誌でもフォトTシャツはよく取り上げているアイテムのひとつです。それに去年からアメカジブームがきているのですが、それに合ったデザインも多く出ていますからね。もしくは無地のシンプルなシャツに、H&MやFOREVER21などのデザインシャツを羽織るのがおススメです」

 しかしながら、H&MやFOREVER21のデザインシャツは、ヘタをすると、少々微妙な服装になってしまう場合もあるので、セレクトには注意が必要とのことだ。

「それとパンツ。デニムに関していえば、ファストブランドのものは、見た目や値段の面では良いのですが、耐久性が少し気になります。それでも安いものがよいとすれば、GAPのほうならいいかなと思いますね。日本での展開が長いブランドですので」

 では、ビジネスシーンでも活用ができるジャケットを選ぶ場合はどこがいいのだろうか。

「う~ん、ジャケットですか……(苦笑)。正直な意見としては、ジャケット着用を考えたら、パンツかジャケットのどちらか一点は、激安ブランド以外のものを頑張って購入してほしいですね。どちらかといえば、やはりジャケットでしょうか。一点良いものさえあれば、ほかの激安アイテムも映えると思いますよ」

 とのことですよ、編集長!


■『Men'sJOKER』(KKベストセラーズ)
25~30歳をターゲットにオンとオフで使えるリアルなコーディネイトを提案している。毎月10日発売。650円


取材・文/中尾 巴 港乃ヨーコ 水越恵理子 齊藤武宏 樋口 淳(本誌)
撮影/伊藤星児 アンケート調査/メディアパーク)





WEB SPA!
[PR]
by 稲妻 | by inazumahiruzuzoku | 2009-07-07 21:13 | Fashion
<< H&M YOKOHAMA 7777 >>